協力アンテナサイト
協力まとめサイト

SLAM DUNK続編を読んだ話

皆さん、めちゃくちゃリアルな夢って見たことありますか?そしてその夢の中で意識もしっかりしていて自由に行動もできたりすることはありませんか?突然オカルト系な話をして申し訳ないのですが、私は先日現実と思えるくらいの夢を見ました。そしてその中で何度も何度もSLAM DUNKの一続編の一話をコンビニで立ち読みしましたのでその内容を書こうと思います。ちなみにヤンジャンでした。

桜木花道がおそらく3年生で、インターハイか冬の選手権かの決勝戦で森重寛のダンクを花道が止めようとするシーンでパチっと目が覚める。和室のおんぼろコーポみたいなワンルームのシーンになる。寝癖だらけだが花道の髪の毛は伸びてイケメンになってる。携帯に電話が来てすぐ出かける。電話の相手は清田で一緒に朝からパチンコに行く。大学の体育館のシーンになり赤城、牧、仙道、河田兄弟がバスケ部で練習をしてる。「あいつらまだ来ないのか・・・」と意味ありげにゴリがつぶやく。牧もヤレヤレといった感じ。花道と清田がパチンコ屋から出て昼飯を買いにコンビニに行く。ふと見た雑誌の表紙に流川が載っていて日本代表に選ばれたと書いてあるのを見て一瞬動揺するが、気にせず食べ物を買って清田とコンビニを出る。夜までパチンコを続ける。大勝して清田と騒ぎながら花道の家に向かうが家の前で晴子さんがいる。清田は気を利かせてまた今度と言って変える。花道はとりあえず晴子さんを家に入れる。部屋で無言が続き変な雰囲気になるが、流川くんが日本代表に選ばれたよと晴子さんが言う。さっきコンビニで見たといい何気なくテレビをつけたら流川が会見してる映像がながれる。「もう一度バスケットしようよ」と晴子さんが花道に泣きながら言って終わり。

ざっとになりますがこんな感じでした。因みに湘北には宮城リョータ君の弟が入学してきます。この夢が本当かどうかは続編が出ればわかるかもしれませんね。というか何でも良いので続編読みたいです!イノタケ先生!

コメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です