UberEats、didiフード、FoodPandaを激安で利用する方法

フードデリバリー

UberEats、出前館から始まり、今では多数のフードデリバリー業者が日本でサービスを開始しました。スマホで注文すれば家や職場、公園などに届けてくれる非常に便利なフードデリバリーはもう無くてはならない存在と言っても過言ではありません。今回はそんなフードデリバリーを「誰でも超お得」に利用できる方法を公開いたします。

0円スマホを可能な限り契約

楽天モバイル

楽天モバイルは 非常に審査が緩くすぐに契約する事ができ、また、1年間無料というとてつもない神サービスで話題になりましたが、こういった初期費用が全くかからないスマホを5台契約(家族5人分でもOK)してフル回転で使用します。

招待コードやキャンペーンを利用

UberEatsのアプリやFoodPandaのアプリに掲載しているる紹介コードやクーポンコードを全台まんべんなく均等に登録し利用します。なんと今現在※2021年5月23日※menuでは友達紹介すると1万円分のクーポンコード(1000円×10枚)がGETすることができます。上手にすべてのフードデリバリー業者のクーポンをGETすると数万円以上の割引が可能になります。私は6台で5万円近くのクーポンをゲットしました。

全てのスマホで均等に利用する事が最も重要

均等にフードデリバリーでクーポンを使い注文をすることで「特別な割引」も併用する事が可能になります。最近ではUberEatsの50%OFFクーポンやdidiフードの割引クーポンが一定のラインを超え使用したユーザーに配られました。全台併用して使っていると全台でそれらのお得な割引を利用することが可能になります。クーポンコードなどはEメールで送られる事もあるので日々チェックが必要になりますのでご注意ください。

simの差し替えは注意が必要

会員登録の紐付けを携帯番号ではなく端末のmacアドレスで行っているサービスもございますので、simを差し替えただけでは割引クーポンや友達紹介サービス割引をGETできない可能性がございます。また、中古の端末も同様で既に利用されている端末はクーポンをGETできない可能性がございます。新しい0円端末を手に入れての利用が現在の所、一番安全な方法になります。

飽きたらコンビニ利用が最強

フードデリバリーを利用しすぎて飽きてきた私のような方は、スーパーやコンビニの利用がおすすめです。スーパーですと1.5倍から2倍で商品を買うことになるのであまりオススメしませんが、コンビニはなぜか定価で販売しているお店もあるのでとってもお得に利用することができます。私が利用したときはローソンのパスタ、コンビニ弁当が定価のままでした。

対策される前に利用すべし

今の所なんの対策もされていませんので、毎日毎日超お得にフードデリバリーを利用していますが、いつの日か何らかの対策をされてしまい利用制限がかかってしまうかもしれませんので、手元に端末が複数ある方は早目に利用しておきましょう。美味しい料理が毎回500円ちょっと(1000円クーポンの利用は1500円以上の注文時のみ可能が多いです)で食べられるなんてこんな幸せな事はありません。フードデリバリー万歳!!(5kg増えましたが・・・)

コメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。