大阪府が「抗体カクテル療法」でのコロナ治療を国に要望

大阪府は8月18日に実施された定例会見で、新型コロナウイルスの治療法として「抗体カクテル療法」について言及。吉村洋文知事は、「外来でも投与できるよう国に要望する。軽症の方が外来で治療を受けて自宅に戻る仕組みができれば、目指すべき姿の第1歩になる」と話した。

詳細はこちら

コメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。