【5歳迄】子供に無料英語を学ばせてバイリンガルにさせる方法

5歳迄に確実な英語脳を作る方法

子供の脳はいわばスポンジ状態で、毎日毎日様々な情報をものすごいスピードで吸収します。この時期に英語脳を鍛えれば確実にバイリンガルになるのではと思い、筆者は自身の子供にある方法を施しております。正直な所ちょっとした弊害もあるので強くおすすめはできませんが、筆者と同じように「子供が将来英語に困らないようにしたい」とお考えの方は是非一度これから紹介する方法を試してみてください。また、「5歳迄」と制限を設けましたが、これは早ければ早いほど有効であるという意味ですので5歳を過ぎても問題ないかと思います。現在、筆者は子供に2歳から3歳の間で試していますが、非常に効果があったのか片言ですが英語を話すようになりましたので、少し期待をしながら記事を読んでいただいてもよいかな・・・とも・・・。

iPadなどのタブレットを用意する



Apple iPad (第6世代) Wi-Fi 32GB シルバー (整備済み品)

Lenovo タブレット Tab B10(10.1型ワイドIPS Snapdragon429 2GBメモリ 16GB)

勿体ぶって先延ばしにする程の事でもないので、サックと説明いたします。まず、iPadのようなタブレットを用意します。iPhoneなどのスマートフォンでも構いませんが、タブレットの方がおすすめです。スマホですと落として壊す可能性が非常に高く、トイレやお風呂などにも持っていってしまいます。筆者はiPad第6世代を2歳の子供に買い与えました。

YouTube Kidsをインストールしそれ以外のアプリ削除

youtubekids
英語脳を鍛えるのにこのYouTube Kidsというアプリを使います。使い方は後ほど説明しますが、その他のアプリはアンインストールできるものはアンインストールしましょう。

■ios YouTube Kids
■android YouTube Kids

このYouTube Kidsを使い英語脳を鍛えます。

YouTube Kidsで英語チャンネルを片っ端から登録

このYouTube Kidsには視聴許可したチャンネル以外観ることができないという機能があります。その機能を使い、親アカウントで英語チャンネルを登録し、それ以外観ることができないようにします。ABCの歌や色の歌などありますが、なんと言っても子供はアニメが大好きですので韓国、中国など海外のアニメになりますがTAYOやPING FONGやBABY SHARKを登録します。これら以外にも英語アニメ系もありますので探してみてください。下記に幾つかおすすめチャンネルのリンクを張っておきます。

■Pinkfong Baby Shark
■ABC – All Babies Channel
■Kids Roma Show
■Tayo the Little Bus

好きなだけiPadを使わせる

あとは子供にiPadを渡し好きなだけiPadを使って動画を観ていいよと言います。子供にとっては非常に面白く一日中観てしまうくらい中毒性がありますのでYouTube Kidsの方で時間制限を設けたほうがいいかもしれませんが、そこは好きにさせても良いかと私は思います。筆者の子供はYoutubeKidsにハマると言っても四六時中観ているわけでもなくいつも1時間位で飽きてしまいおもちゃで遊びだします。この辺りは個人差があると思いますので、制限が必要だと感じた方は制限をかけたほうがいいでしょう。

効果は3ヶ月で現れた

筆者は自身の子供に2歳からこの方法でiPadを使わせ1年が経ちますが、1週間でiPadの操作方法を覚え自分でYouTubeKidsのアプリを立ち上げるようになり、3ヶ月でABCの歌を覚え、3歳の今では英語で数を数えられるようになり、突然「What color is it?」「I got you」など簡単な英語を使うようになりました。幸い日本語も普通に喋るようになりましたが、英語の時は発音が非常に良く「え?何?なんて言ったの?」とこちらが聞き返してしまうこともしばしばあります。

親としてヤバいと感じる

私は幸い外国人と英語で日常会話ができる程度ですが、今後子供がこのまま成長していくと考えると、おそらく6~7歳位で私を超えていくのではと一種の危機感を感じております。私自身も英語のさらなる勉強をしなくてはと思う今日このごろです。おそらく、この方法で子供の英語脳を鍛える親御さんは私と同じように感じる日が来るのではないでしょうか。

まとめ

このご時世タブレットは一家に一台はあるでしょうから、ご紹介した方法は恐らく全くお金がかからなく試せると思います。持っていなくてもiPadの新品が3万円ちょっとで購入できますので英会話教室に通うのと比べるとコストはあまり掛からない方法になります。この方法が絶対に良い方法だとは言い切れませんが、子供の脳がスポンジの状態の時に英語に触れさせたいとお考えの親御様はぜひ一度この方法を試してみてください。

記事:アラフォーの父

コメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。