月末待たず緊急事態宣言を38県で解除検討

緊急事態宣言
政府は特定警戒都道府県に指定されている茨城、岐阜、愛知、福岡の4県について、5月末までの期限を待たずに緊急事態宣言を解除する検討に入った。また、特定警戒都道府県以外の34県も解除の調整を進めている。
詳細はこちら

コメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。