福岡、現場の医師判断でアビガン投与検討

アビガン
福岡県医師会は30日、アビガンの投与について、現場レベルの医師の判断で決められる態勢を整える方針を明らかにした。アビガン投与には、研究機関が行う観察研究などに参加する方法になり、通常は、各病院が観察研究の参加手続きを行う必要があるが、福岡県では、県医師会が一括して実施する。
詳細はこちら

コメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。